wired raven

文字通りの日記。主に思ったことやガジェットについて

撃破

『大型ミサイル命中まで残120秒』
『何でもいい。道を切り開くんだっ』
『機竜残存率8割』
『後ろに食いつかれたっ』
『待て、俺が落とすっ』


ブラックアウトの後方にミサイルが5発食いついた。
すぐさま、擬似熱源を放出。
ミサイルのターゲットが擬似熱源に移り、ブラックアウトから離れる。
ミサイル、爆発。
周囲の機竜も降り注ぐミサイル群を回避しながら、敵の数を確実に減らしている。
『ミサイル着弾まで30秒、全部隊至急退避せよ』
『まだ、減らしきれてないぞっ』
『離脱に15秒あれば十分だ。粘れる奴はギリギリまで粘れ』
破損の酷い機竜とその護衛につく機竜が離脱する。
それでも多くの機竜はその場に残り、ミサイルを落とし、防壁となったガーゴイルとドラゴンを撃ち落す。
残り攻撃をする機竜の中にブラックアウトもあった。
『私たちは離脱に12秒あれば十分だ』
『とことん、ギリギリだな』
竜の砲撃を身体を傾けてかわし、
『だが、見方に落とされるつもりは無い』
竜の顔面にレーザーガンを浴びせる。
鱗と血と肉が飛び散る。
『そうだ』
さらにミサイルを撃ち込む。
竜が断末魔の叫びと身体を構成したものをぶちまける。
赤い飛沫を突き抜けて、ブラックアウトと機竜たちが敵の壁を削っていく。
『時間だ』
『離脱、最大速度』
2基のエンジンが青白い炎を吹き出す。
ブラックアウト、垂直上昇。
先に離脱を始めた機竜たちに並ぶ。
『着弾まで後、5、4、3、2、1―』
大型ミサイルは一瞬にして、内部に蓄積していたエーテルを膨大な熱と光に変換。
大きな光の半球となって敵の大型ロボットを飲み込んだ。