wired raven

文字通りの日記。主に思ったことやガジェットについて

キッシュちゃんをVRChatのアバターにする

  • Unityとの戦いは続くよいつまでも

変更したもの

  • リップシンクの設定
  • シェーダーをCubeシェーダーに変更
  • Dynamic boneの設定
    • 箇所
      • スカート
      • 前髪
    • 貫通防止のため、あたり判定なども追加
  • アニメーションオーバーライド
    • 設定したはいいけど、手も動く。これが仕様なのか、設定ミスなのかがわからない
      • Unity上でアニメーションの動作確認とかできないのかな?

参考

アフタークロニクルに参加してきた

公式サイトはアフタークロニクル運営局

サービス終了したゲームのオンリーというのは珍しいのではないかしらん。

ぐるっと回った後は、壁際であの時はこうだったとか、懐かしい話しながらアフターイベントまで待機。

このECOのBGMを聞きながら、隅っこで待機しているのが実にそれらしいよね、何てこと考えていた。

お目当てのセレスさん本がなかったので、これは作るしかないのではないかしらん。

ゆかりねっととVOICELOIDを組み合わせてDiscordで喋る

ねらい

  • 声を変えて喋りたい

  • ボイスチェンジャーをつかってしゃべる
    • 長所: 声に感情をこめて話せる
    • 長所: ラグが他の方法に比べて小さい
    • 短所: ソフトウェアやハードウェアの設定、ボイストレーニングが必要
      • ボイスチェンジャーと相性が良い場合は練習なしでできるらしい
      • ボイストレーニングについては、調べてはみたけど、テキストだけでは掴みにくい。詳しい人に教えてもらったほうがスムーズだ、間違いなく
    • 短所: ノイズの少ない環境が必要かもしれない
      • 恋声を試してみたら、外の音や呼吸まで変換してしまったので
  • ゆかりねっとと合成音声エンジンを組み合わせる
    • 長所: 環境が整えば誰にでもできる
    • 長所: 一度、変換するのでノイズが入りにくい
    • 短所: 人間がしゃべる。ゆかりねっとがテキストに変換する。それを合成音声エンジンが読み上げる、という流れのため、入力から再生までに時間がかかる
    • 短所: 音声をテキストに変換するため、誤変換や誤認識が発生する
      • ざっくり使った感じでは、スラングや専門用語、崩した喋り方とは相性が悪い模様。精度をあげたり、何かできるかもしれない
  • 機械の力に頼らない
    • 長所: 特殊な機材不要
    • 長所: ラグなし
    • 短所: イニシャルコストが非常に高い

必要なもの

手順

  1. ゆかりねっとをインストール
  2. Chromeのマイクの設定を変更
  3. 設定画面はchrome://settings/content/microphone
  4. 自分が使いたいマイクを設定する
  5. VOICEROID2の初期設定を行う
  6. 音声認識プリセットの作成を行う
    1. VOICEROID2を起動
    2. ボイスの「ユーザタブ」を選択
    3. 「新規」ボタンをクリック
    4. 使いたいボイスを選択し、プリセット名を入力して「OK」ボタンをクリック
    5. チューニングで設定を変更する
  7. VOICEROID2の音声出力先を変更する
    1. VOICEROID2を起動する
    2. メニューの「ツール」から「オプション」を選択
    3. 「そのほか」タブにある「オーディオデバイス」で出力先にしたい仮想オーディオデバイスを選択する
  8. Discordのオーディオデバイスの設定を仮想オーディオデバイスに切り替える
  9. enjoy!

VOICEROID2のデバイス設定

f:id:sesuna:20181206120323p:plain

VOICEROID2のチューニング

f:id:sesuna:20181206114935p:plain

この設定だとこんな声

WordPressから静的コンテンツジェネレータへの移行

移行したい理由

  1. WordPressの管理が手間
  2. WordPressが動く環境を確保するのが手間
  3. 現在の環境が悪いらしく、記事を投稿、あるいは更新したときにエラーが表示される
  4. 記事を書きたいのであって、WordPressを動かすのが目的ではない

移行先について

HugoやHexoなどの静的コンテンツジェネレータ

  • Markdown形式で書いて、それをHTMLファイルに変換する仕組み
  • HTMLファイルがアップロードできればどこでも動かせる
  • 今のところはこれが候補
  • 移行するにあたってタスクは多め

はてなブログ

  • 勝手知ったるはてな
  • 試してみたら、独自ドメインを使う場合はサブドメイン推奨らしい
    • 現在がghost-log.netでこれから変わるのは避けたい
    • リダイレクトできるならまだいいのだけど、良い手段が思いつかなかったので断念

移行の方法などの案

WordPressで再投稿してからエクスポート

長所

  • 文法的に正しい結果が得られる
  • 動作の確認ができる

短所

  • 個別に記事の編集画面を開いて再投稿するので手間がかかる

WordPressからエクスポートし変換する

長所

  • 変換の方法さえ確立すれば後が楽

短所

  • データが混沌としているので変換が難しい

過去ログは取り込まない

長所

  • 過去ログの変換がいらない

短所

  • 過去ログを削除するのは資料を捨てるのと同義だと思う
    • ここ6年分ぐらいの伺か関連のリリース情報を捨てるのはもったいない
  • 過去ログを残す、とすると現行のWordPressを保持するか何かしないといけない

はてな記法をハイパーリンクタグに置き換える

WordPressはてな記法プラグインで書いていた時期があったので、少しずつMarkdown、あるいはHTMLタグに切り替えていく作業。

プラグインにはやや古いが「Search Regex」を使った。

検索対象には/\[(.*?):title=(.*?)\]/uとやって変換内容は<a href="$1">$2</a>とした。

参考