wired raven : Automatic Wing

文字通りの日記。主に思ったことやガジェットについて

「そう、それがあなたの理屈なのね」
 カシスは相手の目を真っ直ぐ見据えて続ける。
「ならこうしましょう。あなたは私を殺す。私はこの船のすべてのヒトを殺す」
「貴様っ」
「簡単な話よ。あなたはFSという種を消す。私はヒトを消す。これでおあいこね」
「笑わせてくれるな」
「あなたの家族を奪ったのは事実よ。あなたたちが私から何もかも奪ったことも」
「……黙れ」
「そのまま、私という存在も私から奪うの?」
「だとしたらどうする?」
「この船のヒトと定期便に致死性のウィルスでもばらまくわ」
 男は鼻で笑って、
「何処にそんなものがあるというのだ。この船の何処にもそんなものはありはしないぞ」
「あら、此処にあるわ」
 自分を指さしてカシスはいたずらっぽい笑みを浮かべ、
「ウィルスに変化するぐらい簡単よ。感染はヒトからヒト、発症はすべてのヒトに感染してから。これなら此処のヒトも向こうのヒトも死滅するわね」
「化け物め……」
「あなたが問答無用で撃つとしたらの話よ。それにあなたは撃てないわ」
 男はトリガーに力を込め、
「だって、彼が来たもの」
 銃声は一発、すぐさま弾く音が一つ。
「随分と語らっていたようだな」
「私を見殺しにするつもりだったの?」
 大きな剣を構え直し、ハガラズは苦い笑顔で応じる。
「わりぃわりぃ、雑魚に足止め食らってなぁ」
「……ありがとう」
 カシスの言葉にハガラズは顔をゆるめ、すぐに緊に戻し、
「礼はこのくだらねぇ現状を片付けてからにしてくれ。おっさん、言い残す事はねぇか?」
「ふざけるなっ お前も仲間を殺されただろう!?」
「ふざけるなはこっちの台詞だ。良いか、カシスだって殺されてるんだぞ? 自分だけが被害面か?」
「……」
「御託並べるのは坂下のババアやカシスに任せて――」
 目にもとまらぬ速度で一歩踏み込み、男の側面から剣を叩き込む。重量級の一撃を受けて男の身体は膝から崩れ落ちる。
「一丁あがり」
「峰打ち、ね」
「俺の仕事に人殺しは入っていないからな」
「ハガラズ……本当にありがとう」
「改めて言われるとあれ……っ!?」
 カシスの行動に戸惑うハガラズ。
「お、お前今何したかわかってるのか!?」
「自分のやったことぐらい把握できてるわ」
「と、とりあえず撤収だ。見られると不味い」