wired raven : Automatic Wing

文字通りの日記。主に思ったことやガジェットについて

「何!?」
「読みやすい攻撃だわ」
ハガラズの構える剣の先に立ってカシスは言った。
台詞が言い終わると同時にハガラズは剣を手放し、拳を放つ。
「それも外れ」
彼女の言葉通り、拳は宙を殴っただけだ。
二打目を放つ前に身体に軽い衝撃。
気付くとハガラズは地面に大の字で倒れていた。
そんなハガラズの胸の上にちょんと正座しながら、
「私の勝ちね」
涼しそうにカシスは言った。


ハガラズは向かいの席で、特大のチョコレートパフェに挑むカシスを眺めて、
「お前、飛べるんだったよなぁ」
剣の上に立てたところで、剣が落ちれば乗っているものも落ちる。
が、カシスは人やアンドロイドと違い空が飛べるのだ。
足場が崩れても、その場にいられる。
「私の飛ぶところはよく見ているでしょう?」
「忘れてた」
チョコアイスをひとさじ口の中にいれ、目を閉じてカシスは
「良くそれで生き延びれたわね」
「運が良かったんだろ」
その言葉に目を開いて、カシスはハガラズを見る。
「でも、生きてて良かったと思うわ」
「お前も、殺そうとしたり、助けようとしたり忙しいな」
「お互いにね」
「だな」
そういってハガラズは苦めのホットコーヒーを一口。
「よく、そんな苦いのが飲めるわね」
「よく、そんな甘いのが食えるな」
「……」
「まぁ、あれだ。味覚は人それぞれって奴だ」
「お互い、ヒトではないのによく言えるわね」
「盾食う虫も好き好きって奴だな」
「蓼食う虫も好き好きの間違いよ」
「細かいところ気にするなよ」
「それは気にしなさい」
ぴしゃりというカシスにハガラズは少したじろぐ。
「話は変わるが、地球行きの秘密兵器があと少しで出来るぜ」
「どんなものなのかしら?」
「まぁ、ちょいとした小細工だな。楽しみにしとけ」
「そうさせてもらうわ」
見れば、特大だったはずのパフェはもう無くなっている。
その小さな身体の何処に入るのかハガラズは疑問に思うが、
「甘いものは別腹ってことか?」