wired raven : Automatic Wing

文字通りの日記。主に思ったことやガジェットについて

あれから

ハガラズは眉間にしわを作りながら、栞を睨むように見ていた。
周囲の視線を集めていることに気付き、ハガラズは眉間を揉んだ。
贈る相手は紙の本が好きな少女だ。
少なくとも外見は、だが。
実際のところは、非常に説明するのが大変だ。
彼女は敵で、ハガラズとは平たく言えば殺し合いをしていた。
紆余曲折を経て、ハガラズは彼女と敵以外の関係を構築することに成功した。
「ま、どうだかな」
ひとり呟きつつ、彼は一枚の栞を手に取るとまっすぐ、レジに向かった。
プレゼント用の包装も忘れずに。

今日も彼女の、カシスの住むアパートの一室には、誕生日を祝いに人やアンドロイドが集まっていた。
その中にハガラズも混じっている。
カシスはプレゼントを受け取り、贈ってくれたこと、祝ってくれたことに礼を言っている。
いつものつんとした気配はなりを潜めているのは、今日が彼女にとっても特別な日だからだろうか。
やり取りが落ち着いたところで、ハガラズはカシスに近づいた。
「よぅ」
「あなたも来てくれたのね。遠かったでしょう?」
「大した距離じゃねえよ」
「そうね」
彼女の目が遠くを見た、気がした。
「いけねえ。肝心なことを忘れるところだった」
ハガラズは背筋を伸ばして、
「た、誕生日おめでとう」
視線が彼女とあうようにハガラズは屈んで、ラッピングされた栞を渡す。
「ふふ、ありがとう。緊張しているあなたを見るのは新鮮だわ」
「からかうなよ。そりゃ、なれてねえけど」
包装の上からなぞって、
「これは、栞かしら?」
カシスは言った。
「よくわかったな」
「何となく、あなたは栞をくれる気がしていたから」
ありきたりすぎたか、と落胆しかかっていると、包装をあけたカシスは微笑む。
「大事に使わせてもらうわ」
「お、おう」
なぜ、どぎまぎしているのだ、と思っていると、後ろから声をかけられた。
その人物もカシスに贈るものがあるらしい。
ハガラズはそっと離れながら、最初であった時はこんな光景、想像できなかった、と何十回目にもなる感想を持った。