wired raven : Automatic Wing

文字通りの日記。主に思ったことやガジェットについて

Macで伺かを使う方法

Snow Leopardの場合、OSの仕様変更で偽林檎が動かないのであれこれ。

1. Windows互換レイヤーの導入

WindowsAPI群を導入してMac OS上でWindows向けベースウェアを動かす方法。

オープンソースウェア「Wine」をベースにして3種類がある。
CrossOver Macは体験版があるので、動作テストしやすいと思う。
Windows向けソフトウェアが確実に動くわけではないので注意。

2. BootCampとWindows

MacWindowsを導入する方法。
単純にMac OSWindowsデュアルブートにするので、ベースウェアを含むWindows向けソフトウェアが確実に動作する。*1
厄介なのは

と言う点。

3. 仮想マシン上でWindowsを動かす

仮想マシンとは乱暴に言うとコンピュータの中に仮想のコンピュータを作ること。
BootCampと違ってMac OS上でWindowsを動かすため、再起動しなくて済む。
OSを二つ同時に動かすことになるので、メモリの増設は必須。


仮想マシンソフトウェアには

の3つがある模様。

メモ

*1:動作しないと困るが