wired raven : Automatic Wing

文字通りの日記。主に思ったことやガジェットについて

タブレット雑考

WindowsiOSタブレットを使ってきて思ったことをざっくりと。

ビューアー

良くも悪くも見ることに特化している印象。

長文をバシバシ入力したり、プログラムを作ったり、と何か入力するには不向きな形状だと思う。

周辺機器と組み合わせれば、また、変わってくる。それはそれで手間がかかり、それならノートパソコンの方が使い勝手が良いのではないか、と。

見せ所

タブレットの形状が光るのは、誰かに見せる時。

地図や写真、Webサイトを皆で見るのにこの形状はとても便利だ。軽いので紙のメモを渡す感覚で人に見せられる。

できることはアプリ次第

逆にアプリがないとできないことも多い。この辺りは普通のパソコンと同じで、アプリを導入して機能を増やすのが筋。

OSの得意不得意

OSによってできることが変わる。

WindowsならWindowsのアプリが全て使えるので、デスクトップやノートと同じものが動かせる。しかし、タッチ操作はタッチ操作前提のiOSAndroidに劣るだろう。

この辺りの得意不得意とユーザーの用途、くせが相性を生む。

タブレットとして使うなら

iOSかなぁ、と。タッチ操作しやすいこと、アプリが充実していることが理由。

2 in 1としてならWindows

Windowsを使っている限りはキーボードとマウスが手放せない感。通常のアプリを使うときは文書入力したい時だから、やっぱり、キーボードが必要。