wired raven : Automatic Wing

文字通りの日記。主に思ったことやガジェットについて

実験的なお話(3)

クレードルが語るには(3)
「ことの始まりはモラルの低下だったと言われている」
「モラルの低下?」
「簡単に言えば、お行儀が悪くなったのだ」
クレードルの言葉に少女は背筋を伸ばして、
「しゃきーん」
「そう背を伸ばさなくても良い。疲れるだろう」
「だらーん」
「君は両極端だ」
苦笑まじりにクレードル
「ところで、行儀を良くしないといけない理由は知っているだろうか」
「うーん……怖い人に怒られるから」
「それも理由の一つではあるか」
少女は首を傾げて、
「う?」
その姿勢のまま、
「まだ、あるの?」
「うむ」
クレードルの言葉に少女は再び、考え始める。
「ヒントは必要か?」
「いらないっ! 一人で考えるの!」
少女の中の何かを刺激したらしい、とクレードルは静かにする。
「あ」
何かひらめいたらしい。
「誰かの嫌いなことだから?」
「そうだ」
「わーい」
少女は両の手をあげて喜んだ。
「自分の嫌なことは、おそらく相手も嫌なこと。そう相手のことを考えて行動するのも人間だ」
「うー」
あげていた両の手で、今度は頭を抱えて少女はうなった。
「難しかったか」
こくこくっと頷く少女にクレードルも頭を悩ませる。
彼(実は彼女かもしれない)が考えていると、
「うー」
再び少女はうなって、
「みんなで仲良くしなくなったってこと?」
クレードルが予想しなかった答えを少女は出した。
「そうだ」
「わーい、ほめてほめてっ!」
「良く出来た。素晴らしい」
「もっとー」
「何度も言ったら、嬉しくなくなるから一回だけだ」
「けちー」
「話を続ける。君の言ったことは間違えてはいない。ただ、実際はもっと悪かった」
「にゃ?」
「他人を認識できなくなったのだ」
「他の人がわからなくなっちゃってこと?」
「そこにいるのかさえ、わからなくなった、ということだ」
「横に座ってても?」
「そうだ」
クレードルの言葉に少女は表情を暗くして、
「目の前にいても?」
「そうだ」
さらに暗くして、
「一緒に何かしないの?」
「何もできないのだ。わからないから」
今にも泣き出しそうな顔で、
「そんなの寂しいよ」
「そう、それは寂しいことだ。その寂しいすらわからないのだ」
泣きはしないが少女はうつむいて、沈黙した。
「君にはまだ、早かったかもしれない。この話は」
「お話は?」
「続きが聞きたいのか」
「気になるもん」
「これから先はもっと、難しくなる。それでも聞きたいか」
「うん」
「極力、君にもわかるように説明する。難しかったら言って欲しい」
「極力ってなぁに?」
「出来る限り。もっと、簡単に言えば、頑張って、だ」
「わかった。ゆりちゃんすごーい」
「もっと、褒めたまえ」
「何度も褒めないもーん」
「そうか」
「ねぇ、続きー」
「はいはい。順を追って説明しなおそう」
その前に、とクレードルは前置き。
「アイスが解けている」
「にゃふんっ」
「残すのは許さん。きれいに食べるのだ」
「うぅー」
先とは違う意味で少女は涙目になって、ストローに口を付けた。
「最初はみんなの行儀が悪くなった。それも世界中で」
一見、クリームソーダを飲むのに夢中になっているようだが、クレードルの言葉には耳を向けているようだ。
「このときは、まだ、他人のことがわかるから、多くの人がおかしいと気がついた」
「みんな、お行儀が悪くなったら変だよね」
「それは君の行儀が良いからだ。もし、みんな悪くなったら、悪いのが普通になる」
「えー、そんなのおかしいよ」
「ここはそう言うものだと思ってくれまいか」
「仕方ないなぁ、もう」
「ありがとう。おかしいと気がついた人たちは理由を調べ始めた」
「あ、サクランボおいしい」
「ちなみに種のないサクランボだ。世界中の偉い人たちがどんなに頑張って調べても、理由はわからなかった」
「ダメじゃん」
クレードルは苦笑するが、声には出さない。
「それでもわかったことが2つあった。1つ目はこの病気はどんどん重くなっていくこと。2つ目は最後に他人がわからなくなること」
「やっぱり、怖い。寂しい」
「問題はそれだけではない。人は誰かと一緒でなければ生きていけない」
「死んじゃう?」
「それも世界中の人たちの命が危なかった。だから、世界中のまだ、病気の軽い人たちが私を創った」
「ゆりちゃんを?」
「そうだ。そして、この施設で眠ることにした」
「どんな夢を見てるのかな?」
「自分たちの、それぞれの世界の夢だ」
「ふぇ? 私のお父さんやお母さんも、夢?」
「夢だが、嘘ではない。君は君のお父さんとお母さん。多くの友達に囲まれて育ってきた。良く、覚えているだろう」
こくっと少女は頷く。
「うん」
少し間を空けてから、ぽつんと、
「もう、会えないの?」
「会いたいのか」
「……うん」
「やはり、君にはまだ、早かったようだ」
クレードルは少女をゆりかごに戻そうと考えていた。
いくら何でも彼女は幼すぎる。
「ううん、違うの。いってきますって言ってないもん」
「わかった。君を、君の世界に案内しよう。目を閉じたまえ」