wired raven

文字通りの日記。主に思ったことやガジェットについて

nonsense

何か刺激や変化が欲しいと思っていたが、実際はちょっとした冒険がしたいだけらしい。 代わり映えしない日常とやらから抜け出して、少しばかり冒険をして、また代わり映えのない日常に戻る。 冒険といってもちょっとばかり知らない場所へ出かけたり、知らな…

失敗を許容する

自分、他人に関わらず、ある程度は失敗を許容することは大事だな、と思う。 初めてのことや慣れないことは失敗しやすい。 入念に準備を行い、失敗した時に備えて策を講じても失敗する時は失敗する。 それを厳しく責めたりして、新しい可能性を閉ざしてしまう…

書くのをためらう

nonsenseカテゴリの記事は多ければ1日に2つ、少なくても3日に1つぐらいは書いていた。 それが最近では殆どなくなった。 書くのに必要な時間や気力が足りないという理由もあるが、最大の理由は荒れたりするのが怖いこと。 順調に年だけは食っているらしい。 …

認識整理

知ったきっかけ 知ったきっかけはWinampのプラグインの歌詞表示機能。 SSTPを使ってゴーストに歌詞を表示させるというものがあった。 実際、歌詞表示には別のプラグインを使っていたが、そういうソフトがあるのだと知った。 キャラクターが喋る キャラクター…

ブログを書く理由

自分のための記録というのが最大の狙い。 その日の出来事や気になった記事、どのように物事を考えていたのか。 次にWeb上で得た情報を再放流すること。 得た情報をどのようなものだったのか、どのように考えられるのかなど、自分なりの情報を付加する。 #根…

新人を受け持つことになった

業務の合間にいろいろ教える、という話。 自分の時はずいぶんとざっくばらんに教えてもらった。 自分の使える時間と相手の理解度・知識量を考えていかに教えるかが大前提だろうか。 先輩の立場で後輩に物を教えるのは初めてなのでさっぱりわからない。 さっ…

相互フォローについて

相互フォローというのは自分がフォローし、相手もフォローしないとできない。 つまりは相手の協力が必要な行為で、お願いしても断られる可能性がある。 相互フォローを希望するならそれは念頭においておくべきだろう。 強硬的に相互フォローを迫った場合、断…

はじめて日記に欠落ができた。

本質だとか本当のこととか

シンプルな言葉なのでつい使ってしまうが、本質や本当のことは人によって異なるように感じる。 ある人にとって揺るぎのない本質でも、別のある人にとっては本質とかけ離れたものだったりする。 本当に本質とは存在するのだろうか? 限定的に見れば揺るぎのな…

継続的発展だとか持続的発展という言葉は信じられない。 理由は単純でいずれ終わりが来るものだから。 短期間で見たら終わりが来ないように見えるだけで、長い目で見ればいつか終わりが来る。 成長はいずれ止まり、老化が始まる。 老いは悪で絶対してはなら…

雑想

思想にも生存競争があり、正しいかどうかは別にして強い思想が生き残る。 異なる思想が混ざり合って新しい思想が生まれることもある。 ただ、よく目にするのは殺し合いであって、新しい思想が生まれるというのはめったに無い。 理解と賛成はイコールではない…

レビューに思うこと

アプリケーションや商品のレビューなど、批評記事の意味合いで用いられていると思う。 批評とは良い点、悪い点の両方を客観的に論じることだ。 冷静になって書くのはもちろん、どのような人にとってどんな項目が良いのか、または悪いのかを書くとぐっと、読…

キャラクターがゴーストと認識しないことについて

作品世界が独立している 作品世界とユーザの世界が完全に分断されている状態。 ユーザを認識するとしても、作品世界側寄りの解釈が行われる。 第四の壁を破っていない状態ともいえる。 作品世界やキャラクター重視の表現ができる 第四の壁の内側なので作品世…

謎の人たち

何かしら新しいタイプの端末が出て、それについてよい評価をしていると「その程度のことにしかコンピュータを使っていないのか」という謎の人たちがいる。 ブラウジング、メール、IM、動画や音楽の再生といった軽作業ならネットブックやスレート型の端末でも…

ゴーストが自分をゴーストと認識することについて

キャラクターが自分をゴーストと認識しているかどうか、は考慮しておきたい前提。 そういう観点で適当に。 メタなネタが扱える ゴーストと認識しているのは演劇関係の言葉では第四の壁を破る、と言うらしい。 直接、ユーザに話題を投げたり、ユーザと同じ目…

できる限り多くの人に情報を伝えるには

Webを利用する人が増え、興味や関心、知識量や技術などばらつきが出てきた。 この状態ですべての人に情報を伝えるというのはなかなか難しい。 専門知識を要するものは解説する必要が出てくるし、解説してもわかってもらえないかもしれない。 そもそも、読ん…

手軽に発信できるのと、多くの人に見てもらえるのは別

実際のところ、こうやって書く分にはインターネットで誰でも情報が発信できるようになった、と言える。 が、この発信した情報を見てもらえるかどうかは別の問題。 世界の人口より多いブログやWebサイトで同じように情報が発信されている。 その中から自分が…

代償行為のひとつかもしれない最近の自分の行動

時々、話すのがメインになっていて、もとからやりたいことをやっていない自分に気づく。 創作の方法や考え方を語るのに夢中になって、それを作品として形にすることがおろそかになっている。 本末転倒もいいところで、もしかしたら創れなくなった代わりにそ…

ブログの使い分けが面倒になった

タイトル通り。 使い分けが面倒になってきたので適当に記事を書くことにした。 サブブログを作った時は利便性が云々と威勢が良かったが、手間にはかなわなかった。 サブブログについては日常系の記事を書き連ねる予定。 書くようなネタがあれば、だが。

Twitter内部で情報が完結しやすいことについて

TwitterってTwitter内部で情報が完結しやすい。 発信者も中継者も最終受信者もTwitter の中にいるのと、すぐに流れ切ってしまうからだと思う。 誰かが意図的にTwitterの外に持ち出さないと、Twitter外までは広がらない。 Twitterを利用しているユーザはそれ…

ハウツーの類について

正直なところ、それを守れば良い、というものではないと思う。 そのやり方にどのような長所や短所、作用や副作用があるのかを理解する。 そして、自分の目標を達成するにはどう使えばよいのか考え、使うという姿勢が大事。 使うにしても使い方を覚えたら、な…

Twitter雑感

年単位でTwitterを使ってきて意見が変わったので書いてみる。 たぶん、もうしばらくするとまた違う見え方になるだろう。

ブログをわけた理由について

昔は自分の考えを全部、ブログに書こうとしていた。 他人が読める形にすれば、自分が読み返した時でも理解できる。 誰を狙いにしているのか、と言われたら、未来の自分や同じ事柄を考えている人。*1 実際、参考にはなっていたが私的な内容まで書くと情報に対…

モチベーション

やる気と解釈して話を進める。 仕事に対してよくモチベーションが、と言われている。 ここのところ、仕事に対するやる気がとても低かった。 自分でも感じるぐらいだから他人から見れば、もっと、低かったのだろう。 なぜ、低かったのか? 仕事のことばかり気…

つい理由とかいろいろ考えるけど

人を巻き込んだりする場合、公に何か大きなことをする場合は明確な理由や大義名分がいるだろう。 個人が何かする上で明確な理由や大義名分、ようは、人に説明できるだけの理由があるか、というとそうでもない。 割とフィーリングでやっている。 そういう感覚…

フォローする理由

発信する内容に興味があるから ニュースや何かしらの情報をツイートする人 相手がフォローしてきたから ひとまずフォローを返してみる 会話するために フォローしてなくてもリプライ可能だけど、フォローした方がリプライしやすい 実はさして理由はない フォ…

ガンブラーとFFFTPの騒動、雑感

どんな状態だったのか 観測していた範囲だと UnderForge of Lack » Blog Archive » [Hammmer and Anvil] 夜間便が取り上げる フリーFTPソフト『FFFTP』に、8080系のマルウェア感染と同時にID・パスワードを取得される危険性があるそうです : ライフハッカー…

セキュリティ対策でも完璧と言うのはない。 個人が出来る範囲で安全を手に入れるには何をすれば良いだろう? アンチウィルスソフトの導入 ファイアウォールソフトの導入 ルーターのファイアウォール機能を使う OSを最新に保つ そのほかのソフトを最新に保つ …

装備品雑考

携帯電話 メインの連絡手段。 auなのでそれなりに電波は入る。 誰かと連絡が必要な時に。 持ち運びは楽だし、電池もそれなりに持つ。 ポケットに入る。 iPhone 主力で運用予定の端末。 用途はGmailのチェックやGoogleリーダーの閲覧、Twitter、ネタのメモな…

衰退期に何をしていたのか

昨日に書いた衰退期の話は複数のネットゲームの体験談に基づいている。 この衰退期に何をやっていたのか、というと特に気にせずプレイしていた。 アクティブな人口が減ると、市場に流通するアイテム量、ギルド戦などの大規模なチーム戦、パーティなどが減っ…