wired raven : Automatic Wing

文字通りの日記。主に思ったことやガジェットについて

キーワード検索を楽にしたい

目的

  • 収集対象がとっ散らかっているので、何かしらのツールでまとめて確認したい。

対象キーワード

対象にしたいもの

使えそうなもの

  • Selenium Webdriver
  • もっとらくにできるものがあるかも

環境

  • Ruby勉強中なのでRubyでやりたい

出力結果はどうしようか

再利用のしやすさを考えると一覧ページ?

rubyの環境構築

ruby本体

Windowsの場合はRubyInstaller for Windowsを使うのが手っ取り早い。

Windows 10ではWSLが使えるので「Win10のWSLでRuby on Railsの環境構築したやつ - Qiita」も使える模様。

公式のドキュメントを見ると、安易にパッケージ管理システムで導入するのはおすすめしない、とある。cinst rubyとやらなくて正解だった。

エディタ

Visual Studio Codeを使用中。

IDE

Visual StudioEclipse、RubyMineなどがあるようだ。

ゼロからわかる Ruby 超入門 (かんたんIT基礎講座) を読み始めた

基本的な用語の説明から環境の構築、rubyの基礎文法からWebアプリケーションを作る応用まで。

実際に読んだのは最初の数十ページだけ。あとはぱら読み。

解説は丁寧で章末問題も丁寧にこなしていくといい感じに経験値が得られるのではないかしらん。

脱・某Webアプリケーションプラットフォーム

ここのところ、考えていることはタイトルに尽きる。

仕事で使っているWebアプリケーションプラットフォームは、だいぶ癖が強いものの、環境が構築できればフロントエンドはHTMLとJavaScript、バックエンドはJavaScriptで作れる。

プラットフォームにはレイアウトからアイコンまでの素材やjQueryを使ったパーツの制御まで用意されている。まさに至れり尽くせり。

ただ、このバックエンドのJavaScriptが曲者で、どうもJavaに変換されている様子。エラーが発生した場合はJavaソースコードの行数で表示されるので、どこでエラーが起きているのかわかりにくい。

エラー行がわからないのは一例でほかにも癖はある。

ここからは自分の問題で、このWebアプリケーションプラットフォームがないと自分はWebアプリケーションを構築できない。企業向けなので個人で用意するのは骨が折れるし、そもそもとして総ユーザー数はそんなに多くないだろう。

今後のことを考えるなら、ほかの仕組みでWebアプリケーションが作れるようになりたい、というのがここしばらく、もがいて出した結論。

こんなことを考えていた

  1. Vue + Vue Router + Vuex + Laravelで写真共有アプリを作ろう (1) イントロダクション | Hypertext Candyを見ながら一つ作ってみよう
  2. Vueを学ぶにはJavaScriptの知識が必要だとMDNを見に行く
  3. MDNでさらにHTMLとCSSの知識も必要そうだ、と遡る
  4. もしかして、何となく動くから、でここまで来ていたのか、と呆然
  5. 覚えるものも多いしどうしようか
  6. rubyもあるらしいな、と少しなびく
  7. Pythonもいいぞ、と言われて少し考える
  8. そもそも、なぜこういう行動をしているのか、と考えて、答えにたどり着いた